お知らせ

日本橋Art.jp企画Web個展を開催いたします。
掲載日:2021.10.13

 
 
弊社が運営しております、絵画メディア・販売サイト「日本橋Art.jp」では、10月15日より4名の作家によるWeb個展を同時開催いたします。
様々なモチーフの作品を展示いたしますので、是非、お気に入りの作家、作品を探してみてください。
 
 
色即是空 空即是色 展
 

 
KazuoHoshina
「人間の持つ虚構を生む力が人間を自由にも不自由にもすると言う事」
を作品にしています。
言い方を変えると「良いと思われる事も悪いと思われる事も捉えようである」
作品を通して、見方を変える事で、「人生如何様にでも好きに生きるのが良い」
禅の言葉で言えば
「色即是空 空即是色」
「モノがありそれを見るとは即ち体験であり、体験とは即ちモノを観る事である」
 
現代人は物質主義に疲れていますから、作品を見る、観る事を通して、
自由を手に入れる事ができればと思います。
心の解毒です。
 
 
向麻衣子 ペン画展 – 手に握る1本のペンから広がる自由な世界 –
 

 
向麻衣子|MaikoMukai
私の作品は全て中学生や高校生が持っているような普通のボールペンを使って描いています。特に花の絵は、描く前に明確なコンセプトがあるわけではなく、下書きもせず描く順番も全て感覚的に決まっていきます。
 
ペンを走らせているのは先人たちが見つけ出した技術ではなく、私の中のワクワクする感情です。
楽しいから描く、描きたくなるから描く、そんな自由な感覚で描いている作品を皆様には自由な感覚でご覧いただけますと大変うれしく思います。
 
1本のペンから広がる向麻衣子の世界をどうぞご堪能下さい。
 
 
Fairy tale
 

 
秋山佳奈子|Akiyama Kanako
顔がはっきり分からない人物達の世界を描いています。
彼らは私であるかもいれないし、あなたであるかもしれず、特定の人物ではありません。
彼らは一見、幻想の世界の住人のように見受けられますが、その世界は私が現代社会からインスピレーションを受け、描かれた世界です。
 
現代社会では情報が氾濫していて、何が正しいのか判断することが困難です。
意識していなければそれらは素通りしてゆき、まるで絵空事のように感じてしまいます。
世界で起こっていることと、自分の周りで起こっている事の間には隔たりがあるように感じ、特に島国である日本で生活をしていると、それらは空虚な演劇のように思えます。
しかし、世界は繋がっていて、いつ何時事件の当事者になるかは誰にも分からないのです。
 
一見遠いところに位置するような世界を描くことで、鑑賞者の現実を再認識してもらえたらと考えています。
 
 
emotion by nature 展
 

 
高橋美恵子|MiekoTakahashi
グラフィックディザイナーを経て、30歳から油絵を始めました。
 
絵画教室、個展やグループ展、団体に所属し展示会での発表など
活動を続けています。
 
静物・人物・風景等、特別なジャンルを決めずに描いていましたが、
その後、形の追求が窮屈に感じた頃、子供の頃に思いを馳せた時、
身に染みている自然への思いが甦り、自然のあらゆるものに「生命力」(Life Force)を感じました。
Life Forceを表現する上で抽象画に無限の可能性を感じました。
「木のシリーズ」さらに癒される絵を求め、「空・雲・海」へ、
その後、テーマは「宇宙」へと繋がり、生命力の表現へと進化を続けています。
「Life Force」はこれからも私の最も重要なテーマです。
 
2011年に、新しい画材アートフラクタルメディウム(アートリペル)に出会い、
今までの画材に加えて、さらに想像を超えた表現が可能になり、 制作意慾をおおいに刺激しています。
 
ここ10年ほどは海外での発表が殆どで、年間5か国ほどを拠点に展開しています。
アートフラクタルの表現方法は人気があり、コツコツと制作に励んでいます。