日本橋Art.jp企画Web個展 開催
掲載日:2021.08.31

 
 
弊社が運営しております、絵画メディア・販売サイト「日本橋Art.jp」では、9月1日より7名の作家によるWeb個展を同時開催いたします。
様々なモチーフの作品を展示いたしますので、是非、お気に入りの作家、作品を探してみてください。
 
 
中田晋一Web個展 ~清浄なる光~
 

 
中田晋一|Shinichi Nakata
「光」をテーマに様々なモチーフの作品を制作しています。太陽や月などの光、動植物の生命の輝き、人物の知恵の光、街の煌めきなど、様々な角度から制作を通じて考察し、光の本質を探究しています。
 
 
鶴巻謙郎Web個展 ~ Paysage des quatre saison (四季の風景)~
 

 
鶴巻謙郎|Kenro Tsurumaki
日本画による印象派。日本画の岩絵の具を使用して洋画(印象派)的な描き方をしている。
光をテーマにその場で感じた空気を表現している。
描いて見せるのではなく、描かれていないところをイメージさせて見せる絵を心がけている。
 
 
伊川明美Web個展 水彩画展 ~煌めく花たちの・美の力~
 

 
伊川明美|Akemi Ikawa
ピンク色を主体として、ボタニカルアートと水彩画を融合した独自の絵画表現で、生命力溢れ、香り立つ花の最高の瞬間を絵にします。
幾つかの絵画教室に通い、絵を学びました。
愛してやまない薔薇を筆頭に、植物や蝶などを描いています。
 
 
中西宇仁Web個展 ~ 心像の美展~
 

 
中西宇仁|Takahito Nakanishi
1987年、東京都調布市で誕生しました。
幼少より工作が好きで成人してから色鉛筆やパステルで遊ぶも本格化して始めたいと思い27歳から油絵に挑戦。
美術学校などには通わず独学です。7年以上描き続けています。
形、音、譜、歴史など人から人に伝わり残る存在には、”込められた想い”があります。
人に伝わる気持ちや想いを大事にしたい。
自分の生き方と紐付けながら込められた”想い”を表現しています。
 
 
尾崎尚子Web個展 ~コンポジションII~
 

 
尾崎尚子|Naoko Ozaki
江戸時代に考案された友禅染めの技法は着物という形を通して私たちの間で受け継がれて来ました。
しかし生活習慣が洋式化され、現代では着物を着る機会も少なくなってきました。
着物離れと言われて久しくなりますが、皮肉なことに海外からの観光客が増えるに従い自国の文化を再認識するようになると、着物文化も見直されるようになってきました。
私は、呉服としての友禅だけではなく、手描き友禅という技法を現代の生活空間にあったインテリアとしても制作していきたいと思っています。
 
 
渡辺洋子Web個展 水の惑星 ~深海の意識~
 

 
渡辺洋子|Yoko Watanabe
自然、昆虫、宇宙、などからインスピレーションを得て描きます。描いているときは、頭を空っぽにして、何も考えずに、本能に従って描くよう努めます。行き詰まったときは無理をせず、何かが下りてくるまで描かずに眺めています。自分の心に耳を傾け、自分の中にある囁きを逃がさないように・・・
 
 
黒澤孝Web個展 ~Animal Art Beat~
 

 
黒澤孝|Takashi Kurosawa
・作品はすべて「生き物の本質」のみを感性 100%で表現している。
・画家になるまで、10 年間仕事もせず自分の本質と向き合ってきた。
・普段から人と会うときは相手の本質のみを観ている。
・これからの世界の中心となる 20 代に意識を合わせている。
・理念「お互いに感性(=個性)を認め合う世界をつくる」